2024-2-8 新春法会 奉納演武

2024-2-8奉納演武

2024-2-8 新春法会 奉納演武
新春法会の最後に奉納演武を行いました。
合わせている暇も無かったので、ぶっつけ本番です。
細かな失敗は、愛嬌という事で勘弁して下さい。

2024-2-8 2024年新春法会

2024-2-8(木)1ヶ月遅れで、
能登七尾道院 2024年新春法会を執り行いました。
震災後、元気な顔が見られて、ホッとしたのと同時に元気をもらうことができました。
一歩一歩ではありますが、出来る事から初めて行きたいと思います。
 
年頭挨拶
今年は、元旦早々から震災で大変なスタートとなってしまいました。
新春法会も1ヶ月遅れとなってしまいました。
でも、こうやって皆さんの元気な笑顔を見ることができて、ホッとすると同時に大変元気をもらうことができました。
まだまだ、大変な状況が続いているのに変わりは有りませんが、当たり前の日常を取り戻すために、もう少し皆で踏ん張っていきたいと思います。
前に高段者の先生がおっしゃっていたお話を思い出しました。「脚下照顧」の意味は知っていますね?
そう、「靴を揃える」と習っていますよね。一般の方は「足下を照らす」「足下を見つめ直して反省を忘れずに」と言う意味ですよね。
その先生は、もう一段、深い意味が有るよと教えてくださいました。
”自分の足下、即ち、「日常」「常識」「当たり前」だと思っていることが、「本当に不変で当たり前か?」という問いかけである”と
「当たり前」だと思い込んでいる常識が根底から覆った時、どの様に行動出来るか?どの様に対処できるか?
難しいかもしれないが、心構えが必要である。と
今回の震災は、これが現実となり、突きつけられました。どの様に行動するか?今までの修行が試されているのだと思います。
本来であれば、年頭のあいさつとして、今年の抱負や方針などを話すべきなのでしょうが、震災を体験して考えた事を話してみました。
少しづつ日常を取り戻していくように皆で頑張って行きましょう。

2024年 能登小教区 新春法会は中止

2024年 能登小教区 新春法会は中止

2024年元旦の能登半島地震の為

2024年1月6日に予定されていた 能登小教区 新春法会は中止としました。

一刻も早く復興し、修練を再開していきたいと思います。

2023-12-23 一般は、納会第2部 鍋パーティー

2023-12-23 一般は、納会第2部 鍋パーティー
何年ぶりでしょうか?
味変しながら4種類
とり野菜味噌、キムチ、旨塩、胡麻豆乳
今年一年ありがとうございました。
お腹いっぱい
大満足です。
来年もよろしくお願いします。
クーラーボックスに雪を入れて飲み物を冷やしてみました
栗ご飯も
讃岐うどん投入

2023-12-23修練納め、大掃除、納会

23023-12-23 今年最後の修練です。
今年の総決算かな?

修練終了後
皆で大掃除!
普段あまり掃除できないところを中心に
エアコンは、何年振りか?
皆で行えば早い早い
掃除は、感謝を込めて

最後に納会
クレープを作りました
思い思いに焼いて、フルーツ、クリームをのせて、美味しくいただきました
今年もお疲れ様でした